多嚢胞性卵巣症候群のプロフィール

多嚢胞性卵巣はおとな女の子の10人から20人類に1人の割合で現れる病気で、必ずしも物珍しい病気ではありません。この病気は、卵巣の中の卵胞の育ちが遅くなり、排卵されずに卵巣に多数の卵胞がたまって仕舞う乱調で、排卵病状の一つです。この状態が貫くことを多嚢胞性卵巣症候群と呼びます。ところで、どんな症状が出るのでしょうか。また、元凶にはどんなものがあるのでしょうか。
この病気の主な状態の一つは、メンス不順や無生理であり、排卵が正常に起こらないことにより、ホルモン分泌が異常になりあらわれます。他にも、多毛やニキビ、低音所見など男性チックカテゴリーが出ることもあります。これは、卵胞で男性ホルモンが作られ、血中の男性ホルモンの濃度が上がる結果起こります。ただし、この症状は西洋人類に多い傾向があります。さらに、多嚢胞性卵巣症候群の人の中に、太り過ぎが見られることがあります。肥満の症例、血糖データが良いことが多い結果、排卵様式が禁止されこの病気の原因になることがあります。また、排卵病状により、必然的に不妊の可能性が高くなります。
前述のような状態を聞くと、深刻な病気だと思いがちですが、軽度な状態が多く、きちんと医療機関で見立てし、治療していけば直すことができます。そんな状態でお悩みの者は、早めに受診して下さい。詳しくはこちら